演算子

演算子は、加算、減算、乗算、除算、その他のさまざまな演算を実行するための記号(+や-など)です。

最も重要な演算子は、値を変数に割り当てるための等号です。たとえば、前の例では次のような簡単な式を使用して、数値6を変数IntVarに格納することもできます。

IntVar = 6

この式は、等号に続く数値を「IntVar」という名前の変数に格納するように、インタラクティブプレゼンテーションに指示しています。

他の演算子は、数値やその他の値を組み合わせたり比較したりするために使用します。たとえば、次のような関数があるとします。

IntVar = 2 + 4

この例では、等号とプラス記号という2つの演算子が使用されています。この式を実行すると、インタラクティブプレゼンテーションは、2と4を足して、その結果をIntVarに格納します。

注: 割り当ての場合は単一等号(=)を使用し、値が等しいかどうかを調べる場合は二重等号(==)を使用します。

親トピック: 式の理解

演算子