デフォルトのジョブジャケットファイル

QuarkXPressをインストールすると、デフォルトのジョブチケットテンプレートが含まれる「DefaultJacket.xml」という名前のデフォルトのジョブジャケットファイルもインストールされます。このファイルは、QuarkXPress/編集メニューの環境設定ダイアログボックスにあるジョブジャケットペインで指定した場所にインストールされます。

ファイル > 新規 > プロジェクトを選択してプロジェクトを作成すると、下記の処理が実行されます。

  • 「Default Job Jackets」という名前でこのデフォルトのジョブジャケットファイルのコピーが作成され、新しいプロジェクトに埋め込まれます。埋め込まれたジョブジャケット構造には「[filename] Job Jackets」という名前が付けられます。
  • 埋め込まれたジョブジャケット構造では、「Default Job Ticket」という名前のデフォルトのジョブチケットテンプレートからジョブチケットが作成されます。新規ジョブチケットには、「[filename] Ticket」という名前が付けられます。
  • 埋め込まれたジョブジャケット構造のジョブチケットは、新しいプロジェクトに関連付けられます。

デフォルトのジョブジャケットファイルを使用すれば、新しいQuarkXPressプロジェクトで使用するリソースを制御できます。また、ファイル > 新規 > プロジェクトで作成したプロジェクトが使用するデフォルトのジョブチケットテンプレートも編集できます。このトピックでは、両方の手順を説明します。

注: 新しいジョブチケットは、デフォルトのジョブジャケットファイルには保存できません。詳細は、「ジョブチケットテンプレートからのプロジェクトの作成」を参照してください。

親トピック: ジョブジャケット

デフォルトのジョブジャケットファイル