「ジョブを出力」での出力仕様の使用

出力仕様には、ジョブを出力に送信する方法に関する厳密なルールを含めることができます。これには、評価する必要のあるルールや、ジョブを出力に送る手順が含まれます。たとえば、出力仕様で、レイアウトに解像度が150dpiより低い画像を含むことを禁止すること、さらにレイアウトはPDF形式で出力に送信する必要があることを指定できます。

アクティブなレイアウトのジョブジャケット構造に出力仕様が含まれる場合は(「出力仕様の作成:詳細設定モード」を参照)、その出力仕様を使用してジョブを出力に送信できます。これを行うには、下記の手順に従ってください。

  1. ファイル > ジョブを出力を選択します。ジョブを出力ダイアログボックスが表示されます。
  2. 出力仕様を選択します。
  3. 出力をクリックします。
    QuarkXpress db output job 「ジョブを出力」での出力仕様の使用

    ファイルメニューのジョブを出力ダイアログボックスで、レイアウトのジョブジャケット構造に含まれている出力仕様を使用して、アクティブなレイアウトを出力に送信することができます。

注: ジョブを出力を使用してジョブを出力に送信する場合は、常にJDFファイルが含まれます。

親トピック: 出力仕様の使用

「ジョブを出力」での出力仕様の使用